スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第25話「サボテンの花が咲いている・・・」

皆さんポッポルンガ・プピリット・パロ。
ナメックナメックいちご味。
さるすべりーはーかねもちだー。

日常的に「ヤック・デ・カルチャ」を使いたくてたまらないブルガリアでございます。マーカウーケヤー。

とりあえず今日のベリーインポータントワードは「梅きらい」



えー、皆さんはマグロの水揚げと聞けばどこを連想しますか?

大間?
焼津?
戸井?


うひへ
うひひひひ

函館は松前という所がありまして、道民以外にはちょっとマイナーですが、ここもマグロの水揚げ場所としては結構有名な所な・ん・で・す・がっ!


そこで「まぐろ祭り」なる血で血を洗う謝肉祭(魚肉的な意味で)が行われる事になり(毎年恒例)、なんと地元民でもめったに食べる事のできない生の本マグロが食べれたり格安で買えたりするビッグイベント!


そこにもうデバフで「欲望」がついてしまったからさあ大変。
ログアウト(就寝)してもそのデバフは解除されず、レストア(風呂で長湯リラックス)の効果も受け付けないと、もはやチートレベルのその攻撃は勢いを増し、ついに当日!




松前←2_20090928232800.jpg
行っちゃいましたヽ(´ー`)ノ




実を言うとこのマグロ祭りは今回二回目。

2年前くらいに行った時は、最後の抽選イベントで一緒に行った友人がみごとに本マグロの赤身をゲット。
1サク分けてもらって家族で食べたんですが、赤身のクセして今まで食べた事のないような、
冗談抜きで言葉を失ってしまうくらいに美味かった訳ですよ。


だからもう嫌がおうにも高まる期待!
むらがる人間!
スピード違反の取り締まりが恐くて時速をきっちり守る車の列!


たまに我慢できなくなったゆとり人が凄い勢いで追い越しをかけていくのですが、そこは直線道路も直線道路。
地平線が見えるがのごとく見通しは良く、左側は草木が生い茂り、所々に車一台分隠れるような場所がたくさんある場所でのデッドヒートなど固くお断り。

のろのろと時速60kmで片道二時間のドライブは終了。







01250004.jpg
到着ヽ(´ー`)ノ
(写真は春先に撮ったヤツなのは秘密。だってこれの方が綺麗なんだモン(´・ω・`))



会場は松前の松前城という所で、まあ名前の通り昔は巨大な城があったとかなんとか。
今ではその名残なのかどうなのか、
この写真のようにこぢんまりとした資料館と化してますが、
敷地跡とか見る限りは結構大きな場所だったようですたい。


で、とりあえずその松前城の中に時代村然とした場所があるのですが、そこに進入する為に入場料と抽選チケットを兼ねた2金200円を払い、課金ダンジョン会場へと進入。

中はおびただしい数の人!人!人!(おびただしい言うな
言い方を変えればMEN!MAN!MEN!
(男ばっかりじゃないかという苦情の受付は終了しました



本当はこの中の写真とかあればよかったんですが、そもそも撮影するのを忘れたとか、前回友人と来た時の写真はオンライン上で公開するには刑事告訴から派生する裁判を視野に入れないといけないようなものばかりなので割愛。

でもそれだと寂しいな~と、再度デジカメフォルダを漁ってみます。
「もしアレだったらそのやヴぁいヒューマンが映り込んだ部分だけ切り取ればいいやヽ(´ー`)ノ」










ダメでした(´・ω・`)
あれを世に放つのは危険すぎる。
というか全部ダメ
俺や友人の表情がもはや発禁レベル
モザイクをかけてもいまだ発せられる凄まじいプレッシャー。
これは言い切れる。
年寄りや子供が見たら間違いなく死ぬ
もしもこんなのをワールドワイドな場所に放置してしまった場合、きっとPTAは総立ちで俺達を非難して、国連は日本をその席から外し、アメリカに至っては第三次世界大戦すら辞さない姿勢。
俺の行動で世界の命運が決まる












・・・で、何の話だっけ?





そうそう、まぐろ祭りネ☆ハリー、ジャップあるヨ♪



その祭り、プログラム表を見ると色々と催し物があるらしく、マグロの解体ショーは勿論の事、なんか有名な三味線の人の演奏や、激辛マグロ丼の早食い、マグロ当てクイズ、そして最後には恒例の抽選会やら、なんか他にも色々やってくれてるみたいです。

で、その中の一つが俺の目にとまりました。




「マグロ当てクイズ」




なにやら説明を聞くと、目隠しをして寿司を4カン食べるそうです。
で全皿食べ終わってから何皿目が本マグロかを当てる、という事らしいです。
賞品はおそらくマグロの刺身というか、サクか何かだろうなーと予想しつつ参加する事に決めました。



とりあえず5人一組で三組別々にやるそうなので、二組目に入った俺は一組目を観察。


とりあえず三組とも同じ皿が順番を変えてくるだけみたいなので、こりゃ後発組はラッキーだぜと思っていたのもつかの間!




1皿目:サーモン(俺大好物

2皿目:梅干

3皿目:バチマグロ(好物

4皿目:本マグロ(本命











梅干


梅干


梅干


梅干


梅干








BGM「ベートーベン:運命」








目の前で会場に向かって掲げられる「今何食べてるかカード」

会場にどよめきが走ります、が。
ぶっちゃけ俺はそれどころじゃありません。

梅干

食べ物の中でも一番苦手。
食わず嫌いじゃなくて本当に嫌い。
匂いもダメ。
弁当のご飯にくっついた赤い色素は全部ごっそり取って食べる。
そのくらい嫌いorz


顔から変な汗が出ます。
頭上に死兆星が見えます。
風が語りかけます。
「(梅干はきっと)うまい・・・うますぎる・・・」







・・・んな訳あるかー!


もうどうしようかと本気で焦ります。
いっその事進行の人に「俺、梅アレルギーなんです」と言ってそれだけ勘弁してもらおうか。
なんて事を考えます。

だが待てよ。

これで俺が梅食べられず吐き出したら絵的に面白いんじゃ?



・・・俺の生き様が決まりました。
公開処刑。
打ち首獄門。
市中引き回し。


来る前にただでさえセブンイレブンのおにぎり5個とスタバのコーヒー2つ(加糖とブラック)を消費して、もはやお腹はぱんぱんぱんぱんタピオカパン。
ぶっちゃけちょっと具合悪い(´・ω・`)



そして間もなく処刑の時間がやって参りました。




手渡される目隠し。
まるで中世時代のギロチンを連想させられます。
罪人がギロチンにかけられる際、その恐怖を少しでもやわらげる為か、周囲が見えなくなるようとの配慮で目隠しをさせたらしいですが、まさか時空を越えて今ここでその気持ちを味わう事になるとは思わなかったよ!

まだこれでも「何皿目で梅が来る」ってわかれば気持ちにも余裕が出てくるとは思うんですが、
そこはエグゼキューターin松前。

な さ け む よ う

思わず残虐行為手当てを支払いたくなるフレーズに心ときめかす時間はもうおしまい。
これからは一人ぼっちの戦場で、いつ来るかわからぬ死神からのプレッシャーに耐えねばならぬ。
無駄に早まる動悸。
高鳴る心臓。

だが勘違いしないでほしい。
これは「死を覚悟した戦士だから耐える事のできる感覚」であり、一般人ならば目隠しの時点できっと幼児退行していたに違いない。
そう俺はソルジャー。
孤高のロンリーウルフ。
手負いの狼には手向けの花一輪荒野に咲けばいい。

ああ、斑鳩が往く・・・!



ッ・・・





一皿目ッッッ!



手に取るッ!

触感はッ・・・



寿司ッ!

まごう事なく寿司ッ!


落ち着け俺・・・
冷静になれ・・・

感覚を研ぎ澄ませ・・・

アイマスクごしに敵(梅干)の気配を感じ取るんだ。



そう・・・未来は見えているはずだッ!(グリリバ補正






「南無三!!」







ぱくっ























1_20090929011955.jpg



































2_20090929011955.jpg





















3_20090929011955.jpg









まさかの一皿目で梅



さっき吐くとか言ったけど、あれはあくまで比喩だったのよ。
うん、比喩。










ガチで胃からすっぱいのがこみ上げてきてます。


梅干好きな人ゴメンナサイ。
でも本当にダメなのよ、昔っから・・・。



なんとか吐しゃは寸前で押さえ、元凶のものは口腔内から射出したものの、手に握られた赤い狂気はいまだ健在ステータスオールグリーン。
それどころか瀕死の俺に対して梅の風味というキバを剥いて襲いかかってきます。
頭の中に流れるALICEの「チャンピオン」



き~み~は~つ~~いに~♪た~ち~あ~が~~った~♪
梅~に~染まった~~赤いマグロへ~~♪




それを見かねたのか係員。
「ダメだったら出してもいいよ」



きたっ!天の声きたっ!
これで勝つる!!

急いで赤い狂気、その健闘を讃え俺命名「レッドデスティニー」を皿上と思しき場所へと退避させ、口の中に残った狂気のカケラとの格闘が始まります。

しかし運命のあんチクショウはそんな俺の事などどうでも良いようです。
すぐに運ばれてくる次の皿。
だが俺のストマックはMAX寸前。


司会「では食べてくださ~い♪」



喰えるかアホー!と、心の中で叫びながら次の寿司を口にほおばります。
なんか味はマグロっぽいんですが、さっきのレッドデスティニー戦でのダメージが想像以上に大きく、既にうまいかどうかよりも、
飲み込めるかどうかという次元。


しかしここで飲み込む事一心になっては参加した意義がなくなってしまう!
ここでの本質は味を見極める事なのに・・・だがッ!しかしっ!!(´;ω;`)
そこでふとある方の言葉を思い出します。


「ブルガリアよ・・・良く聞くのじゃ・・・」
「毒をくらわば皿まで・・・」
「しかし梅は食べなくてよい・・・」



お師匠さん!(そんな人いません



その時俺の中の何かがはじけました。
みるみるうちに体に生気が戻ってくる!
まるで生まれ変わったかのようなこの鋼の体!
これなら・・・

いけるッッ!





司会「はい、では三皿目どうぞ~♪」





すいません嘘ですもう口に物を入れたくありません




さっき食べたマグロっぽいのがまだ口の中に残っています。
そこに続けてまた新たな寿司が投入。
でも食べなきゃ流れ的にマズい。
ええいっ、ままよ!






わずかに開い~た~~き~みの~♪
両目に~光る~~、涙が~~~何かを~~語った~♪







司会「はい、では最後の四皿目どうぞ~♪」




右頬に2皿目のマグロっぽいの。
左頬に3皿目の何か。



ヘル&ヘブン♪
ヘル&ヘブン♪(ウィータ的な意味で




係員の手に添えられて、最後の寿司へと俺の右手が伸ばされます。
多分コイツが最後のボス。
最終防衛システム。

だがどうする。

コイツをくわえた時点で俺の口腔内は咀嚼するスペースがなくなってしまう。
すなわちッ・・・







自壊






自壊した後の事など考えたくもない。
多分イベント史上、最低最悪の事として名を残す事になるだろう。
もはやランクはA級戦犯。
そうなると言い逃れがどうの言うレベルではない。
もはや悪魔の飽食。


燦然と輝く太陽の下で繰り広げられる脳内地獄絵図。
ここを戦場に例えるならば、疲労困憊の中で増援の見込みがない拠点を周囲に敵に包囲されながら2日生き残れと言われているようなもの。


あ A a



刻が見える・・・・・・・・・・・・・・・・ヽ(´ー`)ノ











そして最後の因果律を内包した炭水化物は、骨と皮で形成されたたんぱく質の中へと放り込まれたのである。





獣の~よ~うに~~、挑戦者が~♪
襲い~かか~る~~、梅の風味で~~♪










司会「えー、では皆さん食べ終わったようですので、では本マグロだと思う番号の札を上げて下さい!」







 






司会「えー、正解の本マグロは・・・・・」






司会「3番でしたっ!」









やがて~君~は~~静かに~~倒れて~~落ちた~~♪
疲れて~~~・・・眠るように~~♪









司会「えー、ちなみに1番はご存知の通り梅!
司会「2番はバチマグロ!」
司会「4番はサーモンでしたー!」







わずか~ばかりの~~意識の中で~~♪
君は~~何を~~考えたのか~~♪







司会「はい、正解者の方には本マグロをプレゼントでーす!」





帰れる~んだ~~、これでただの男に~~♪
帰れるんだ~、これで~、かえ~れる~~んだ~~あ~~♪

ライラライラライラライラライ・・・










1_20090928232800.jpg



バイバイ松前・・・



…ガクッ
スポンサーサイト

theme : 完美世界~パーフェクトワールド~
genre : オンラインゲーム

第24話「れん☆けい」

こんぶ・トラック・スパニッシュ

何かモンスターみたいなのに追われて、逃げようとした先には無骨な鉄格子がついた扉と、その脇には大き目のレバーが。
そのレバーを上下に動かすと鉄格子が上に上がるのはいい。
何故かそのレバーを動かすたびに

「ウサインッ!」
「ボルトッ!ボルトッ!」
「ウサインボルトッ!」

という謎の声がひたすら出てくる夢を見てしまった不思議時空の
ブルガリアでございます。
夢占いできるものならしてみろ<挨拶



あれですやね、前回でSaGa2にかまけるはずないぜーなんて大口を叩きましたが



凄い勢いで大ハマり中



やヴぁい、これはやヴぁい。
自分からRPGを買うなんて何年ぶりだろう。
記憶が確かなら高校生の頃のクロノトリガー(SFC中古)以来。
何がやヴぁいかって戦闘システムがやヴぁい。
単純なクセに、しかもRPGのクセに何この爽快感。

発表された時は「何このデジモンパクリの思い出クラッシャー」と俺も心の中でブーイング。
しかし一足先に買った友人が「18時から8時くらいまでやってた」と一瞬不思議なマジカルワード。
それはないだろお前さん。
俺も一緒にスイッチオンヽ(´ー`)ノ



1_20090925212801.jpg






SaGa2オソロシス(゜Д゜;






そうそう、そういえば完美。
第4のリゲル?リゲルグ?だったかのサーバがオープンしたみたいですねぇ。
ちょっとだけ覗きに行ってみましょうと精霊でインしてみたら





2009-09-25 15-25-10




何この人だかり



これだけだとちょっとわかりづらいんですが、
この先ずーっと奥までこの密集率が続いてます。

租龍の人口を少し借りてきたような光景に思わず上がるテンション。
すると隣で数人がAAを使った会話を始めております。
ああっ、これは俺も混ざらねば!
と、急いでAAをにゅうりょk・・・


入力ミスしてる間に会話終わってるお(´・ω・`)



こうして俺のリゲルグ?ゲルググ?サーバデビューは鮮烈に幕を閉じましたとさヽ(´ー`)ノ






本日のハイライト:
2009-09-25 22-09-30

theme : 完美世界~パーフェクトワールド~
genre : オンラインゲーム

第23話「ffffffブルガリア」


皆さんこんにちは。
大神伝とSaGa2の個人的にFFやDQをぶっちぎってのビッグタイトルの発表と発売に、ドキがムネムネなブルガリアでございます。
もうSaGa2に至っては当時比喩なしで何十回クリアしたか覚えてない上に肉の食い合わせ表を勉強そっちのけで暗記したり、セリフは勿論の事武器の値段や敵のデータ・・・まぁ早い話が攻略本では飽き足らずゲームデータをそのまま頭にぶち込むような事ばっかりしてて、数学は最高で2を数回取るくらいのウルトラC級の学生でしたヽ(´ー`)ノ

まぁそんな色々な意味で人生を変えたゲームのリメイクがDSで発表されるとか、もう他のゲームやる暇なくなるぜ!とか思っていたんですが、それは甘かった!




理由

































1_20090915210220.jpg











2_20090915210220.jpg











白ベールキタ━(゚∀゚)━!!!!!



3_20090915210220.jpg





長かった・・・ええ、これを入手するまで本当に長かった・・・!

完美をやっていての一つの目標がコレだったので、なんか俺の中で一つの大きなクエストが終わった気分です。
思えば白ベールを目標にしたのが去年の8月15日。
丁度1年と1ヶ月前。

しかもその時の記事に
「一年後くらいに白ベールが手元にあればいいなー」



なんという予定調和






もうね、これのお陰でモチベが異常に上昇



プリントスクリーンキーが摩擦熱で変形するんじゃないかってくらいにSS撮影しまくり






そしてそんな中で一番うまく撮影できたんじゃないかなってのがコレ↓








a_20090915210219.jpg



やーもう白+白が似合う事似合う事(*´Д`)
もう最近ではクリップ等の超長距離飛行の時でもこの初期羽を使ってたりします。



え?課金で買った加工済のスワローテイルはどうしたって?

HAHAHAマイク、そこはそっとしておくんだ。

theme : 完美世界~パーフェクトワールド~
genre : オンラインゲーム

第22話「GB版ブルガリアヨーグルト」

カトキフィックスのEx-sガンダムのデザインを眺めながらエスプレッソを傾けるアンニュイな午後。
ロッキングチェアーに腰掛けるのは野望に瞳燃やすブルガリア。
その内に眠る獅子のごとき魂はこう語りかける。

「おいどんは!むーちむちですぞー!」


みなさんこんにちは。
先日生まれたままの格好で生まれて初めて流れ星を見たブルガリアでございまそヽ(´ー`)ノ
この謎を解き明かした暁には、王様より金一封が時速300.000/kmで投げられるであろう。
王様の金一封で地球滅亡(´・ω・`)


はい、という事で前回よりの1ヶ月ぶりの更新となりますが、皆様いく久しくお健やかに過ごされておりますでしょうか。

べ、べべべ別に一ヶ月の間前のオンゲでイベントがあってそっちにかかりっきりだったなんて事はないんだからねっ!

その証拠にッ!






1_20090909085230.jpg


妖精作ったんだヨ


まあメインはいつもの精霊なので、ほとんどこっちは手を付けずに放置プレイ・・・だったのですが・・・









やばい、意外と妖精面白い





どのくらい面白いかというと、クエストの文章がこれまた破天荒すぎて面白い。





3_20090909090158.jpg
4_20090909090157.jpg

「ヘイ」

確かにこれは不老長寿です。若いです。ヘイの部分が!


イマドキ、というかもはや死語なんじゃあ・・・(((゜Д゜;)))
いやまて、これは文頭に「ヘイ」をつける事によって、文章にハリを持たせようとしているのかもしれん!
試しに少しだけ文頭に「ヘイ」を多用してみます。




とりあえず他のクエでも




5_20090909090614.jpg


ヘイ、このキャラの性別は女なんだよ!




っと、まあ気を取り直して別NPCの所に行くと、どうやらお金を盗まれて困っている人がいました。


2_20090909085950.jpg





おま、それ俺の全財産じゃねえか!


あ・・・へ、ヘイ!(激汗



いやヘイとか言ってる場合じゃねえ!
俺の全財産がああああああああああ!!!!!
(ダッシュで取り返す



しかしここで衝撃の事実で急転直下の大逆転!




LV20くらいの時に水郷村周辺での最後のクエをやっていた時の事でした。
何気なく座禅回復をしていたら視線の先に何か通常mobとは違う敵影が。
レーダーを見たら結構早い速度で走って来るみたいなので何だろ?と思って遠目に見えるそれをクリックしたら






「チビネコ」






表示もペットのものではなく、通常mobの表示。
一瞬頭が真っ白になりました。
そしてしばし逡巡した後、誰かのペットなのかと思ったんですが、周囲にプレイヤーらしき人影もない。


・・・これはレアペット捕獲のチャーンス!

と思って立ち上がった瞬間、凄い速度で目の前を通り過ぎていくチビネコ。
とてもじゃないけど走っては追いつけないので、相棒のリア”マグロ”トロウルフを使いに出します。
駄賃はチビネコの命だよっ!
じゃない!

なんとか狼がネコを捕まえたらしく、遠目に戦闘が始まっているのがわかりました。
急いで急行してポイズンショットでHPを減らし・・・・・・おあああああ!!





    チビネコ
HP[||            ]

捕獲する前に死ぬっ!殺してしまう!

急いで狼をしまって、本体のみでジワジワと削る事にs・・・
うわ嘘!ネコTUEEEEEEEEEEEEEEEE!!

凄い勢いで護符がガリガリ削れていきますガリガリ
ほとんど新品だった護符が残り8000・・・5000・・・3000・・・と、なんか嫌な音を立ててガリガリ
しかもなんか地味にHP回復しやがるんですがコイツ
更にその回復量もこっちが1回攻撃する間に与えたダメージの2/3近くを回復するとゆー鬼仕様。
テイミングのスキルの発動時間が10秒。


・・・こりゃちょっと危なくないですか?(自分の命的な意味も含めて

二度目に狼出してテイミングを試みるも、見事に「失敗」の二文字が燦然と輝きます。


もうこうなったら捨て身じゃあああ!粉骨砕身!肉弾幸!
とりあえず護符は捨てる覚悟で、回復と与ダメの間隔を見ながらギリッギリの所まで減らした所にテイミングスキルを発動させる事に!

今だッ!



テイムスキルが発動しゲージが徐々に満タンへと向かいますが、同時に結構いい速度でぬこのHPも回復していきやがります。
その間もこっちはぬこのひっかき攻撃を一身にくらいまくり。
こうなりゃ我慢くらべだ!

ルールは簡単、先に地面とキスした方が負け!!

うおおおおおお!
やああああってやるぜ!!!!!!!!














































・・・で、どうなったかって?
































6_20090909092551.jpg



わっふぅ(*´Д`)



今までの俺のパターンだと別な人のペットを横に置いて撮影するくらいの外道っぷりは発揮できるのですが、いいえ違います。


正真正銘自分のペット


いいねぇぬこ可愛いねぇ(*´Д`)
仕草がもう全部可愛いねぇ(*´Д`)
走る姿も可愛いねぇ(*´Д`)

可愛いからしまっちゃおうn(ry



もう幸せすぎて



7_20090909100146.jpg



喜んで「ほんの気持ちだよ」を選んであげたくなります(*´Д`)




もう名前もつけてあげましたヽ(´ー`)ノ


では、迷子になったペットを探して欲しいとの要望があったので、その迷子ペットを見つけた時の記念に一枚パシャリ。





8_20090909100945.jpg




A_20090909101026.jpg





9_20090909100944.jpg





NGワード:お前が言うな

theme : 完美世界~パーフェクトワールド~
genre : オンラインゲーム

プロフィール

ブルガリア

Author:ブルガリア
すり替えておいたのさっ!(゜Д゜

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。